車のゲーム

『初代グランツーリスモ』 専用コントローラーを買おうか迷うほど面白かった

グランツーリスモ

家で初めてプレイしたレースゲームが「グランツーリスモ」でした。

映像の綺麗さにも驚きましたが、車の動きのリアルさに感動したのを今でもはっきり覚えています。

細かくセッティングできるのも魅力的で、実際には高価で買えないオプションをつけまくってレースに挑んだものです。 レース中の映像に見とれてクラッシュしてしまうほど、ドライブシーンがリアルで、本当に自分の運転がうまくなったものと錯覚してしまいました。


普段乗っている車と同じ車を同じようなホイールを履かせてプレイして、レース後のリプレイをじっくり見るのも好きでした。 まるで運転の上手い自分の録画でも観ているような気分になれました。

ゲーム中はコントローラーを握りしめ、手に汗かきながら運転しました。 何度ハンドル型の専用コントローラーを買おうかと迷ったことか。結局は我慢しましたが、家にあれを置いておくスペースが十分にあれば買っていたと思います。

ゲーム中に出てくるコースの中では「ディープフォレスト・レースウェイ」が大好きで、森の中を走り抜ける爽快感が日頃のストレスから解放してくれるような気がして、時にはレースと関係なくゆっくりと走ってみたりして楽しんでいました。

>>レースゲーム体験談一覧へ戻る


↑ Top