車のゲーム

『首都高バトル01』愛車への思い入れが深まる車ゲー

『首都高バトル01』

真夜中に高速で展開するチューンドカーの爆走レースをお手軽体感できるゲーム。

数百キロにわたる首都高をきっちり作っていて、単に走ってるだけでもなんだか満足できるお得仕様。

アザーカーが全部元気カラーなのはまぁ、ご愛嬌ということで。

本作はプライドが服着て走ってるような人たちのゲームなので決着の付け方も独特。精神力を表すSPゲージというものを削りあいます。均衡してると結構白熱してくるのでなかなか面白い。

各メーカーさんからライセンスを得て、その車「そのもの」としての登場なので、長い戦いをともに闘う愛車への思い入れも一層深まったりするかも。

チューン項目もいろいろあり、割とダイレクトに操作感に反映されるのでやり応えがあります。ベースになる車の特性も直線番長から往年の名車、軽自動車まで(笑)多彩。

操作性が若干難しい、というか本物に近いのか、無理なことは出来ないので丁寧にやらないとダメ。そこらへんをチューンでカバーしたり、自分が慣れていく過程も楽しめると吉。

車体にペイントが出来たり(このツールがまたかなり凝ってる)デコレーション部分も充実。 真ラスボスもきっちり倒すくらい遊んで、フリーランでぼけーっとはしったりタイムアタックもしたりで末永く遊べた作品。

>>レースゲーム体験談一覧へ戻る


↑ Top