車のゲーム

『F-ZERO』 タイムアタックにどっぷりハマる

F-ZERO

SFC版F-ZERO。スーファミ本体と同時発売されたこのレースゲームは僕がかなりのやり込んだレースゲームです。

やり込んだと言えば、これしか思い浮かばないくらいやり込みました。

内容は近未来のレースゲームと言ったところで車体にはタイヤがなく地上から浮いている 状態で操作するレースゲームです。

使用できる機体はですが、確か四体だったと思うのでネットで調べたら「ブルーファルコン」「ゴールデンフォックス」 「ワイルドグース」「ファイアースティングレイ」の四体でした。

中学生だった当時もグランプリモードもやり込んだのですが、それ以上に特にやり込んだのが「タイムアタック」です。

このタイムアタックの記録を更新するために学校が終わるとスーファミのコントローラーを握り自分の記憶と戦う日々でした。 1秒また1秒と記録を更新するたびに喜びに満ち溢れていました。

昔のことなのでやり込んだコース名が思い出せないのでこれもネットで調べたら「ミュートシティ1」でした。 この「ミュートシティ1」のタイムアタックを毎週の日曜日に友達の家で競い合ったのはいい思い出です。

記録の更新が滞るとあそこで「ショートカットできるかも」と言って実践してみたりS字カーブを早く曲がってみたりして 色々と試してみたものです。

今はもうさすがにプレイはしてませんが、Wii向けでバーチャルコンソール配信しているそうなので機会と時間があれば ダウンロードして当時を振り返ってみようと思います。

>>レースゲーム体験談一覧へ戻る


↑ Top